2015年07月27日

はしもとあやのさん連載、カッターのお話

<消しゴムはんこ通信編集部/2015年7月27日配信>

消しゴムはんこ作家・はしもとあやのさん(aya*pecorun)の連載
「aya*pecorun はしもとあやののちいさな道具箱」をお届けします。
(毎月27日頃更新予定)



みなさん、こんにちは。

北海道を拠点に
「aya*pecorun(あや*ぺこるん)」ブランドで活動している
はしもとあやの です!

先月は急な休載でご心配をおかけしました。温かいお言葉もいただき、本当にありがとうございました!しっかりフッカツしましたので、改めまして今後ともよろしくお願いいたします!

今回は、消しゴムはんこ作りには欠かせない道具である、カッターの刃に着目してみたいと思います。



Copyrights © Ayano Hashimoto All Rights Reserved.

私が主に愛用しているのは写真の3本。上から、大きな消しゴムから作るサイズに切り出したり、持ち手のコルクを切ったりする時に使っている大型。はんこを彫り終わった際に周りの余白を切り落とす時に使っている小型(特専黒刃)。紙をはじめ色々なものを切るのに日常的に使っている小型(白刃)。です。

カッターそのものは2大メーカーである「NTカッター」と「オルファ」のものが混在していますが、替刃は日用品の買い出しついでにホームセンターで購入することが多いので、「オルファ」製が主になっています。


Copyrights © Ayano Hashimoto All Rights Reserved.

上の2本は「特専黒刃」という黒い刃を、日常使いの1本は一般的な「白刃」を使用しています。この2種類の違いについては、オルファさんのHPに説明がありましたので、引用させていただきますね。

「材質は、白刃、黒刃とも同じ合金工具鋼を使用しております。黒刃は白刃と比較して鋭角に研磨しております。これによって、白刃よりも初期の切れ味と入り込みの良い刃ができるのです。その他、黒刃が黒いのは、ブルーイング(青色酸化皮膜と呼ばれる表面処理)を行っているためです。これは、視覚的に差別化を図る事と、表面に酸化皮膜を作ることにより、刃を錆びにくくする効果があります。白刃は、切れ味と耐久性のバランスがとれた万能タイプ。黒刃は、切れ味を重視する方におすすめです。」

実は、私は当初、黒刃の方が少しだけ薄いのだと、どこかで見た気がしていたのですが、改めて調べてみると、刃そのものではなく、刃先の研磨による鋭角さの違いでした。そんなわけで、より正確な情報をお伝えするべく、引用させていただきました。


Copyrights © Ayano Hashimoto All Rights Reserved.

上記の説明にもある「初期の切れ味と入り込みの良い刃」を実感するのが、上の写真の瞬間!消しゴムをカットする際に軽い力でサクッと切れる感じなのです!感覚を文章でお伝えするのは難しいのですが、レッスンで話題になった時など、生徒さんに使ってみていただいたりすると、みなさん「違う!」とおっしゃるので、一度使ってみると違いはわかりやすいかと思います。

白刃に比べると少しだけ価格が高いので、私は2本使いをしていますが、あちこちでよく使うために2本欲しかったことが先で、それなら…ということで使い分けをしたので、価格の違いが数百円程度であることを考えると、全て黒刃でもいいかもしれませんね。


ここで、カッターをよく使う方にオススメしたい道具もご紹介します!


Copyrights © Ayano Hashimoto All Rights Reserved.

こちらは、カッターの刃を折り、折った刃をそのまま収納できる「ポキ」という道具です。写真にあるように、折る分だけ刃を出した状態で穴に差し込み、ポキッと折るだけ!そのままケースの中に折った刃が入り、逆さまにしても出てこない構造で、ケースがいっぱいになったらそのまま捨てられるというものです。右側にあるのは、その名も「ポケットポキ」 携帯用でスライド式のフタもついています!

大型の刃にも対応していて、カッターの下部についている刃折り部分をはずさなくても良いので便利です。折った時に手を切らないようにドキドキしたり、折った刃がどこかに飛んでいったりという心配もないので、刃を折る時は毎回緊張するという方にもオススメです!


ご紹介した道具を使って、先ほどチラリと登場したはんこを仕上げました。今回の作品はコチラ!


Copyrights © Ayano Hashimoto All Rights Reserved.

イベントでインクパッドを記念スタンプ用に使う予定ができたので、インクパッドのフタにお願いをシールにして貼ってみました。

昨年の12月にも登場したラミネート加工のシールが作れるアイテムを利用して、インクで汚れても拭き取ることができるようにしてみました!(油性だと完璧にはキレイにならないかもですが(汗))

図案を作っていて、上部のメッセージとキャラクターたちを別にした方が使い勝手が広がりそうと思い立ったので、別にして色も変えてみましたよ☆少し大きめに作ったはんこなので、今後もどこかで活躍させたいと思います!




http://www.eraserstamp.net/creators/000-037/
http://ayapecorun1012.blog136.fc2.com/
https://www.facebook.com/ayapecorun.hanko


posted by JESCAクリエイターズ at 00:00| はしもとあやののちいさな道具箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。